AutoItXを使ってVBScriptからクリップボードやウィンドウタイトルを操作

Windows上でのちょっとした作業自動化で使えるVBScriptですが、VBScriptの機能をもっと便利に使うツールがあります。

AutoItのインストール

私がよく使っているのは、AutoItの中に付属しているAutoItXです。
リンクAutoIt Scripting Language – AutoIt
リンクAutoIt ダウンロードページ

AutoItXを使うと、VBScriptからクリップボードを操作したり、開いている他のウィンドウ(Operaなどのブラウザとか)のタイトルを取得したり、そのウィンドウそのものを操作したりできるようになります。

VBScriptからAutoItXを使う

クリップボードに文字列をコピー

'AutoItのオブジェクトを作成
Set oAutoIt = CreateObject("AutoItX3.Control")
'文字列をクリップボードにコピー
oAutoIt.ClipPut "なんでやねん"

クリップボードの文字列を取得

Set oAutoIt = CreateObject("AutoItX3.Control")
'クリップボードの文字列を取得
text = oAutoIt.ClipGet()
'取得した文字列を表示
WScript.Echo "クリップボードの文字は「" & text & "」"

Operaのウィンドウタイトルを取得

Set oAutoIt = CreateObject("AutoItX3.Control")
oAutoIt.Opt "WinTitleMatchMode",2
Title = oAutoIt.WinGetTitle(" - Opera", "")
WScript.Echo Title

このブラウザのウィンドウタイトルを取得する件については、Chrome、Vivaldi、Edge、FireFoxについても、AutoItXを使ってウィンドウタイトル・URLを取得する方法について今度触れたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました